> Backup Restore > iPhoneアプリデータを完全に消す方法

iPhoneアプリデータを完全に消す方法

花崎 千恵|2018年11月26日

要約:iPhoneアプリデータを完全に消したいでしょうか。この記事を参考にしてください。

皆さんは不要なアプリをiPhoneから削除することがありますね。iPhoneのホーム画面でアプリのアイコンを長押してこのアプリのアイコンの右上で「✖」をタップすればいいです。でも、この方法はアプリデータを完全に消すことができないかもれません。すると、アプリをダウンロードして、知らないうちに、容量がいっぱい食って、空き容量が不足になっていました。その場合には、どうすればよいのでしょうか。ここで、iPhoneのアプリデータを完全に消すには、AppSitterをおすすめします。それでは、このソフトの詳しい説明をご参考ください。

AppSitterとは

AppSitterとはiデバイス向けのアプリ管理ソフトで、iTunesの代わり、PC端でiPhone/iPadのアプリを管理できます。そそて、このソフトを利用して、iPhoneのアプリデータも一緒に削除できます。そして、このソフトには次のようなメリットも持っています:

それでは、さっそく、AppSitterをダウンロードして、iPhone上のアプリデータを完全に消してください。そして、次のダウンロードボタンもこのソフトをダウンロードできます。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

iPhoneアプリデータを完全に消す方法

Step 1:AppSitterをPCにインストールして起動します > iPhoneをUSBケーブルで接続します > 「このデバイス上にあるApp」をクリックします。

Step 2:消したいアプリを選択してクリックします > 右上(右)にある削除ボタンをクリックしたら、簡単にiPhoneのアプリデータも一緒に消します。

iPhoneアプリデータを完全に消す方法

iPhoneアプリデータを完全に消す方法

もしアプリデータを該当アプリのクラウドに保存するなら、この方法を利用しても、アプリデータも消すことができません。

まとめ

以上はiPhoneのアプリデータを完全に消す方法です。いかがでしたか。実は、このソフトを利用して、アプリも元のバージョンに戻すこともできます。さらに、アプリのアップデート・再インストール・バックアップ、iPAファイルのインポートとエクスポートもできます。それでは、さっそく、このソフトをダウンロードしてお試しください。