> Backup Restore > iPhone・iPad・iPodバックアップを暗号化する方法

iPhone・iPad・iPodバックアップを暗号化する方法

花崎 千恵|2018年08月15日

要約:iPhone・iPad・iPodのバックアップを暗号化して、バックアップファイルをきちんと守りたいでしょうか。次の記事を参考にしてください。

iPhone・iPad・iPodをバックアップする際、健康データ、デバイス上のパスワードなどをバックアップするため、また自分の個人情報をしっかり守るため、バックアップファイルを暗号化している方がきっと多いでしょうか。でも、暗号化した後、そのパスワードが忘れたら大変になりますね。そこでここで、パスワードを記憶しておいて、バックアップを暗号化する方法をご紹介します。だが、その前に、まずは必要なツール - BackupNinjaをご説明します。

BackupNinja - iデバイス専用のバックアップ・復元ソフト

BackupNinjaはiデバイス専用のバックアップ・復元PC端ソフトとして、iPhone・iPad・iPodのデータを暗号化してバックアップできます。そして、このソフトを利用して次のようなメリットも持っています:

  1. パスワードの記憶機能を提供し、忘れてもデータも閲覧・復元できる
  2. Wi-Fiバックアップ・増分バックアップもできる
  3. バックアップされたデータも一括/複数で復元もできるバックアップを暗号化しても、閲覧できる
  4. Appleと同じ暗号化技術を利用して、データをしっかり守る

それでは、さっそく、BackupNinjaをダウンロードして、iPhone・iPad・iPodのバックアップを暗号化してみましょう。そして、このソフトは9月12日にリリースされる予定ですから、ご期待ください。

iPhone・iPad・iPodのバックアップを暗号化する方法

Step 1:BackupNinjaをパソコンにインストールして起動します > iPhoneをUSBケーブルで接続します > ソフトのメインインタフェースで「バックアップ」をクリックします。

Step 2:バックアップ先を選択します > バックアップ暗号化をクリックして、2回パスワードを入力します > 「今すぐバックアップ」をクリックして、バックアップファイルを暗号化してバックアップしてください。

そして、暗号化したパスワードの忘れを避けるため、右のバックアップパスワード記憶にチェックを入れてバックアップしてみてください。

まとめ

以上は iPhone・iPad・iPodのバックアップを暗号化する方法です。いかがでしたか。もしiPhoneのデータを暗号化してからバックアップしたいなら、ぜひこのソフトを利用してください。パスワードも記憶でき、忘れても閲覧・復元できます。今すぐこのソフトをダウンロードして試してみてください。