> App Manager > iPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置する方法

iPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置する方法

南 詩織|2018年05月31日

要約: iPhoneホーム画面のアプリアイコンを綺麗に配置したいが、方法が分からないので困っていますか?ここで、パソコンでホーム画面のアイコンを手軽に管理できる方法をご紹介します。

iPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置する

iPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置する

iPhoneを長く使っている人なら、アプリが増えてホーム画面がごちゃごちゃになっていることがよくありますね。ホーム画面を綺麗にしたいが、多くのアイコンを1つずつで移動するのは面倒です。従って、ここで、パソコンの大画面でiPhoneホーム画面のアプリアイコンを手軽に配置できる方法をご紹介します。その前に、まず、必要なソフト-AppSitterを一緒に見てみましょう。

AppSitterとは

AppSitterはiPhone・iPad・iPod向けの専門的なアプリ管理サービスを提供しています。利用すると、パソコンでiPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置できます。そして、このソフトは次のようなメリットも持っています。

従って、さっそくAppSitterをダウンロードして、iPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置しましょう!

iPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置する方法

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: 「ホーム画面整理」をクリックする > ドラッグ&ドロップしてアプリアイコンを整理 > 下側の「デバイスに同期」をクリックします。

iPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置する

iPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置する

- iPhoneホーム画面のアプリアイコンを自動的に配置したいなら、「スマート分類」をクリックしてください。色とカテゴリ2つの分類方式を提供しています。

- ホーム画面のアプリアイコンを整理する時、いつでも「画面をバックアップ」というボタンをクリックできます。復元したいなら、「バックアップ履歴」で復元したいバックアップを選択して復元します。

最後に

以上はiPhoneホーム画面のアプリアイコンを配置する方法です。いかがでしたか?もしパソコンでホーム画面を綺麗に整理したいなら、ぜひAppSitterをダウンロードして使ってみてください。

そして、このソフトは現在、50%OFF大型セールが開催していますから、980円(税込)だけでお手に入れます。今すぐ購入していましょうか。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。