> App Manager > iPhone機種変更時にアプリをバックアップする方法

iPhone機種変更時にアプリをバックアップする方法

南 詩織|2018年08月01日

要約: iPhoneのアプリデータではなく、アプリ本体をバックアップしたいが、方法がわからないので困っていますか?本記事はiPhoneアプリをバックアップする方法をご紹介します。

iPhoneのアプリをバックアップする方法

iPhoneのアプリをバックアップする方法

iPhoneを使っている皆さんは、上記のような経験がありますか?アプリをパソコンでバックアップできれば解決できますね。なので、今回はiPhoneで購入済みのアプリを個別または一括にバックアップできる方法をご紹介します。その前に、まず、必要なソフト-AppSitterを一緒に見てみましょう!

AppSitterとは

AppSitterとはiPhone・iPad・iPod touch向けの専門的なアプリ管理ソフトで、利用すると、パソコンでiOSデバイス上のアプリをバックアップできます。そして、このソフトは次のような優れた点も持っています。

従って、今すぐAppSitterをダウンロード/購入して、iPhoneのアプリをパソコンにバックアップしましょう!

iPhoneのアプリをバックアップする方法

Part 1: iPhoneのアプリを個別にバックアップする方法

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > バックアップしたいアプリの右にある「ダウンロード」ボタンをクリックします。

iPhoneのアプリをバックアップする方法

iPhoneのアプリをバックアップする方法

Step 3: そのアプリに対応するApple IDのパスワードを入力 > 「OK」をクリック > 2つファクタ認証があったら、続いて認証コードを入力します。

Part 2: iPhoneのアプリを一括にバックアップする方法

Step 1: AppSitterを起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > バックアップしたいアプリを選択 > 画面の上部にある「ライブラリにダウンロード」ボタンをクリックします。

iPhoneのアプリをバックアップする方法

iPhoneのアプリをバックアップする方法

Step 2: アプリに対応するApple IDのパスワードを入力 > 「OK」をクリック > 2つファクタ認証があったら、続いて認証コードを入力します。

iPhoneのアプリをバックアップする方法

iPhoneのアプリをバックアップする方法

オススメ記事: iPhoneにアプリを一括でインストールする方法>

最後に

以上はiPhone機種変更時にアプリをバックアップする方法です。もし機種変やスマホ修理の場合に、予めアプリをバックアップしたいなら、ぜひAppSitterをダウンロードして使ってみてください。この記事がお役に立てれば、下記ボタンから共有頂けると運営の励みになります。