> App Manager > iPhoneでアプリのインストールエラーが出る時の対策

iPhoneでアプリのインストールエラーが出る時の対策

南 詩織|2018年09月29日

要約: iPhoneでアプリをインストールしたいが、エラーが出るのでうまくいかない時の解決法を探していますか?本記事を見逃さないでください。

iPhoneでアプリのインストールエラーが出る

iPhoneでアプリのインストールエラーが出る

前削除されたアプリを「App Store」からもう一度ダウンロードしてインストールしたいが、エラーメッセージが表示されてできなくなる経験がありますか?そういう場合に、iPhoneを使っている皆様は、どのように解決しますか?この記事では、1つの対策を提供しますから、よかったらご参考ください。それは、AppSitterというソフトを利用してパソコンでアプリをインストールします。では、まず、この必要なソフトをご紹介します。

AppSitterとは

AppSitterとはiPhone/iPad/iPod touch向け専門的なアプリ管理ソフトで、利用すると、パソコンでデバイス上のアプリを簡単に管理できます。そして、このソフトは以下のようなメリットを持っています:

従って、もしiPhoneでアプリをインストールする時、エラーが出た場合に、ぜひAppSitterをダウンロードして、パソコンでアプリをインストールしてみてください。

iPhoneでアプリのインストールエラーが出る時の対策

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > デフォルト画面でインストールしたいアプリの右にある「インストール」ボタンをクリックします。

iPhoneでアプリのインストールエラーが出る

iPhoneでアプリのインストールエラーが出る

- この方法でインストールできるのは削除されたアプリだけで、すべてのアプリではありません。

- もしデフォルト画面で削除されたアプリが展示されていない場合に、左側で「Appライブラリ」ボタンをクリックして「App Store検索」画面でアプリの名前を入力して検索してください。

お見逃しなく: App Storeからアプリを検索する方法>

最後に

以上はiPhoneでアプリのインストールエラーが出る時の対策です。いかがですか?実は、AppSitterを利用すると、ホーム画面整理もできます。もしパソコンでiPhoneのアプリを管理したいなら、ぜひこのソフトをダウンロード/購入(1960円)して使ってみましょう!

以上、参考になれば幸いです!最後まで読んでくれてありがとうございます。