> App Manager > 3つの方法でiPhoneアプリのアップデートのエラーを解決する

3つの方法でiPhoneアプリのアップデートのエラーを解決する

南 詩織|2018年06月04日

要約: iPhoneでアプリをアップデートできない場合にどうすればいいですか?本記事は3つの対策を紹介していますので、参考になさってください。

iPhoneアプリをアップデートできないエラー

iPhoneアプリをアップデートできないエラー

iPhoneのApp Storeで各種のアプリが提供されて、人々の生活をもっと便利にします。アプリを使用する際に、よくアップデートの通知が来ています、重要な更新があるかもしれませんから、アップデートできないと困っていますね。だが、分からない原因でアプリのアップデートが失敗したことも確かにあります。では、そういう場合にどうすればいいですか?ここで、iPhoneアプリのアップデートのエラーを解決する方法を3つご紹介します。

iPhoneアプリのアップデートのエラーを解決する方法

方法一: パソコンでAppSitterを利用してアプリをアップデートする

AppSitterとはiOSデバイス向け専門的なアプリ管理ソフトで、パソコンでアプリを一括にアップデートできます。そして、ホーム画面の整理も支持しています。さらに、このソフトは以下のような優れた点があります。

  1. パソコンの大画面でiPhone上のアプリを管理でき、操作性を向上する。
  2. アップデート内容がソフト内で展示され、はっきりと分かる。
  3. 複数のアプリを同時にアップデートしたいなら、1クリックで終了できる。
  4. アプリのアップデートだけでなく、削除、バックアップ、または再インストールも支持している。
  5. アプリ実際のバーション、サイズなどのデータを直接に展示されている。

それでは、さっそく、AppSitterをダウンロードして、iPhoneアプリのアップデートのエラーを解決しましょう!

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: 画面の上側で「このデバイス上にあるApp」をクリック > アップデートしたいアプリの右にある「アップデート」ボタンをクリックしてください。

iPhoneアプリをアップデートできないエラー

iPhoneアプリをアップデートできないエラー

- 複数のアプリを一括にアップデートしたいなら、アプリを選択した後、画面の右上にある「すべてをアップデート」ボタンをクリックします。

そして、このソフトは現在、50%OFF大型セールが開催していますから、980円(税込)だけでお手に入れます。今すぐ購入していましょうか。

方法二: iPhoneを再起動する

お使いのiPhoneの不具合でアプリのアップデートができないかもしれませんから、そういう場合にiPhoneを再起動してみてください。具体的な手順は以下のようになります。
手順: 端末の電源ボタンを長押しする > スライドして電源をオフにする > 少々お待ちすると、再び電源ボタンを押します。

方法三: iPhoneの空き容量を増やす

iPhoneの空き容量が足りない場合に、アプリをアップデートしたいが更新できません。従って、その場合に、iPhone上のいらないデータを削除してください。だが、削除する前に、予めパソコンにデータをバックアップしたほうがいいです。

最後に

以上はiPhoneアプリのアップデートのエラーを解決する3つの方法です。もしアプリをアップデートする際に、不具合が起こったら、ぜひ以上の方法を使ってみてください。また、AppSitterでアプリの管理だけでなく、ホーム画面の整理やアプリのバックアップも支持していますから、ぜひダウンロードして使ってみてください。

以上、参考になれば幸いです!最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。