> App Manager > iPhoneからダウンロードしたアプリを削除する方法

iPhoneからダウンロードしたアプリを削除する方法

花崎 千恵|2018年05月31日

要約: iPhoneのアプリだけをパソコンにバックアップしたいですか?こちらのページをご参考ください。

ダウンロードしたアプリは長時間利用していなくても、容量を消費しています。それらのアプリを消したいですが、いちいち削除しかできなく、すごく面倒です。iPhoneからダウンロードしたアプリを一括削除する方法はありますか?もちろんです。ここで、AppSitterというiデバイス向けのアプリ管理ソフトを利用して、iPhoneからダウンロードしたアプリを削除する方法をご紹介します。

AppSitter - アプリ管理ソフト

AppSitterはiデバイス向けのアプリ管理ソフトで、簡単にiPhone・iPad及びiPoからダウンロードしアプリを削除できます。そして、このソフトは次のようなメリットも持っています:
削除したいアプリだけを削除します;

それでは、さっそく、AppSitterをダウンロードしてiPhoneのアプリをパソコンにバックアップしましょう!そして、このソフトは今年の7月にリリースされる予定ですから、乞うご期待ください!

iPhoneからダウンロードしたアプリを削除する方法

Step 1:AppSitterをパソコンにダウンロードしてインストール > iPhoneをUSBケーブルで接続します。

Step 2:アプリ管理をクリックして、アプリ管理画面に入ります。

Step 3:上にある「このデバイスにあるApp」をクリックして、ダウンロードしたアプリは一覧表示されます。

Step 4:削除したいアプリを選択 > 「削除」ボタンをクリックしたら、ダウンロードしたアプリを削除しました。そして、すべてのアプリを削除したいなら、名前アイコンをチェックをいれて、右上にある「削除」ボタンをクリックしてください。

まとめ

以上は、iPhoneからダウンロードしたアプリを削除する方法です。いかがでしたか?もしiPhoneからダウンロードしたアプリを一括/複数に削除したいなら、AppSitterをダウンロードして試してみてください。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。この記事・ソフトについて、何か御質問等があれば、コメント欄に入手、またはメールで連絡してください。