> App Manager > iPhoneでアプリのアップデートが失敗した時の対策

iPhoneでアプリのアップデートが失敗した時の対策

南 詩織|2018年08月07日

要約: iPhoneでアプリのアップデートが失敗した時、どうすればいいですか?今回のガイドは、1つ簡単な対処法を提供していますので、どうぞご参考ください。

iPhoneでアプリのアップデートが失敗した

iPhoneでアプリのアップデートが失敗した

  1. iPhoneでアプリをアップデートする際に、何らかのことでアップデートできない。
  2. App Storeでアップデートのボタンを押しても反応がないので失敗した。
  3. アプリのアップデートがフリーズして終了できない。

重要な更新内容があったら、アップデートが失敗したから困っていますね。もしiPhoneの再起動、App Storeの再サインイン、空き容量の増やすなどの方法を試しても解決できませんなら、こちらの方法を使ってみてください。それはAppSitterというソフトを利用してパソコンでiPhone上のアプリをアップデートします。では、一緒にこのソフトを見てみましょう!

AppSitterとは

AppSitterとはiOSデバイス上のアプリ管理に特化したデスクトップ向けソフトウェアで、利用すると、パソコンでiPhone上のアプリをまとめて管理できます。そして、このソフトには次のような特長があります。

なので、今すぐAppSitterをダウンロードして、iPhoneでアプリのアップデートが失敗した問題を解決しましょう!

iPhoneでアプリのアップデートが失敗した時の対策

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > デフォルト画面の上部で「このデバイス上にあるApp」をクリック > アップデートしたいアプリの右にある「アップデート」ボタンをクリックします。

iPhoneでアプリのアップデートが失敗した

iPhoneでアプリのアップデートが失敗した

Step 3: Apple IDに対応するパスワードを入力してサインインします。

- 複数のアプリを一括にアップデートしたいなら、アプリを選択した後、右上の「すべてをアップデート」をクリックしてください。

オススメ記事: iPhoneアプリの実際のバーションを確認する方法>

最後に

以上はiPhoneでアプリのアップデートが失敗した時の対策です。いかがですか?もしiPhoneでアプリのアップデートができなくなら、ぜひ上記の方法を試してください。

以上、参考になければ幸いです。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。