> App Manager > iPhone版のGoogleアプリをバックアップする方法

iPhone版のGoogleアプリをバックアップする方法

南 詩織|2018年08月06日

要約: Googleアプリの本体をバックアップしたいが、方法がわからないので困っていますか?ここで、バックアップする方法を説明していますので、見逃さないでください。

Googleアプリをバックアップする方法

Googleアプリをバックアップする方法

Googleは検索エンジンとして世界中で使用されています。iPhoneを使っている方が「Safari」を利用するのは一般ですが、「Chrome」を使用するのも多いですね。だが、時々、グーグルアプリをアップデートした後、バッグが出て、新機能に慣れないこともありますから、Googleアプリをバックアップできればいいです。なので、今回は、iPhone版のGoogleアプリ本体をパソコンにバックアップする方法をご紹介します。その前に、まず、必要なソフト-AppSitterを一緒に見てみましょう!

AppSitterとは

iOSデバイス向けの専門的なアプリ管理ソフトとしてのAppSitter(アップ・シッター)を利用すると、iPhoneのアプリをまとめて管理出来ます。そして、このソフトは以下のようなメリットがあります。

したがって、もしiPhone版のGoogleアプリをバックアップしたいなら、今すぐAppSitterをダウンロードして試してください。

Googleアプリをバックアップする方法

Step 1: AppSitterをダウンロード&インストール&起動します。

Mac版無料体験Win版無料体験

ウイルス検査済み

Step 2: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > デフォルト画面で「Google」アプリを探す > 右側にある「ダウンロード」ボタンをクリックします。

Googleアプリをバックアップする方法

Googleアプリをバックアップする方法

Step 3: Apple IDに対応するパスワードを入力してサインインしてください。

Googleアプリをバックアップする方法

Googleアプリをバックアップする方法

- 直接「Google」アプリを検索したいなら、画面の右上にある「Appを検索する」ボックスで「Chrome」を入力して探してください。

オススメ記事: iPhoneのアプリをダウングレードする方法>

最後に

以上はGoogle(グーグル)アプリをバックアップする方法です。いかがですか?実は、AppSitterを利用すると、パソコンでiPhoneのホーム画面を整理することもできます。もしパソコンでiPhone上のアプリを管理したいなら、今すぐこのソフトをダウンロード/購入(1960円)して体験しましょう!最後まで読んでありがとうございました。